忍者ブログ
◆Main Site◆
◆ MESSAGE 留言簿 ◆
◆◇ タレコミ寺 ◇◆
孟飛映画関連のネタをお持ちの方はこちらにおタレコミ下さい。
最新COMMENTS
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
管理員
HN:
K. JUNO@公主
性別:
女性
方世玉武打星、孟飛的粉絲網站留言簿。少林寺マスターでお馴染み、メン・フェイ(孟飛/リー・フォアマン)の人類最古のサイト、孟飛城の情報タレコミ、更新記録。
Feel free to leave your comments!
記事にコメントを書くには各タイトル又は記事右下の→をクリック、
タレコミ、メッセージは左から該当箇所をお選び下さい♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ランラン・ショウこと邵逸夫氏が昨日、お亡くなりになったそうである。
年末に106歳(中華圏では107歳)を迎えられたところで、「死因は明らかにされていない」との事であるが、この年齢ではもう「大往生」で宜しいのでないかと思う住職である。

孟飛城主のショウブラ作品は少林五祖のみであり、城主との関係は不明であるが、住職がその昔、立ち読みした数少ない日本語の資料によれば、中国出身の城主を、悪役の倉田氏と組ませスターにする為に自ら連れて来た、という事になっていた。
故に住職も近年まで、城主はショウブラと契約があったものと思っていたのであるが、当時の新聞や孟飛さま御本人が近年、メディアで語っていらっしゃる内容とはかなり話が違うので、本の作者による思い込みか、日本でのプロモーション時に作られたものではないかと思われる。
ともあれ、城主がアクションのいろはを教わったと仰る劉家良を擁するショウ・ブラザーズの創始者であり、ショウブラの世界的な繁栄無しにその後から現在に至る香港アクション作品やスターの存在はあり得ないという観点から、やはり孟飛城としては、謹んで敬意と哀悼の意を示したい。
住職が深圳にいた頃は2つしか無かった香港のテレビ局(中文&英語の計4チャンネル)の1つである翡翠台(TVB)も氏により設立されたものであり、1988年に孟飛城主主演作南拳蔡李佛を製作している。

ショウブラお抱えと言えば孟飛城主のデビュー作、小拳王を陰で指導していた張徹監督は自身の映画会社を立ち上げていたが、主役を担うべくスターがみんなショウブラ専属であった為、ショウブラ傘下から脱却する事は出来なかったのだと、城主を発掘したプロデューサー、張英は語る

ショウブラの束縛無しに使えるニュースターとして期待されていた城主は、デビューするなり人気の出たフィリピンの映画界に連れて行かれてしまい、城主の為に用意されていた映画が撮れなくなってしまう、というハプニングがあり、海外での事なので契約違反ではなかったのだが、業界に於ける栄枯盛衰には少なからず影響を与えたのではないかと思うと、住職は
ぶっちゃけ誇らしいぞよ!(爆)

フィリピンに行かなかったら、城主はショウブラ映画にその後も主演したであろう、との評を見た事があるのだが、上記の内部事情からすると、むしろ逆ではないかと思う住職なのだ… 故に孟飛城としては立場的にビミョーなのである。

しまった、濃厚なネタをさらりと近辺情報に書いてしまうとは。
本丸に書く時はコピペかも知れないが、デジャヴ~でござるの一言で片付けると思うので、どうぞお気になさらずに~ポクポクポクポク…


孟飛さまとも関わりの深い劉家良先生が昨日、香港の仁安醫院でお亡くなりになったそうな。
奇しくも現在、城の表紙を飾っている映像のインデックス画面に、氏の英語名が大きくクレジットされている。
孟飛さまが、アクションの見せ方、基礎などは全てこの方から教わった、と仰っていたので先生とお呼びせねばなるまい。

映画界に於ける功績は、わざわざここに記すまでも無い。
長年、癌と闘っておられたらしい。
どうぞ、安らかに、そして我らが孟飛さまをピカピカ☆に磨いて下さってありがとうございます。
心よりお礼申し上げます。
翌日、戚冠軍さんにギャグが受けたところで、折角なので戚冠軍さんからの最新情報~
今月15日に故郷、香港に飛んで林超賢監督の逆警を撮影、との事。
要約じゃなくて、そうとしか書いておられんのじゃー。
それが戚冠軍さんなのじゃ… 普段の小咄は長~いのにwww
(簡単な話だとファンのとコメントが沢山付くという法則…)

そんで最近、fb投稿が活発な吳元俊さん。
現在は一時的に大陸在住なので、fbは遮断されているのだが、
アプリを使うとすり抜けられるらしく、
「これで接続出来るぞー」と去年、喜んでおられたのじゃが、
今後は当局の取り締まりが厳しくなるという話を小耳に挟んだ住職である、ポクポク。

活発と言ってもwallへの記事投稿ではなく、
何故かカバー写真(プロフィール用の正方形のとは別に、自分のページ用に横長の大きな写真が登録できるのじゃ)を1分毎にコロコロ変えたりなさっている。
で、芸名の姓がである姉弟子さんと会話なさっていたりして、その先には又、の付く兄弟子さんがおられたり。

住職、サモハンやジャッキー周りは全くノーチェックなのじゃが、何年か前の七小福同窓会~みたいなイベントに元俊さんもいらっしゃったらしく、テレビの動画では判らなかっが、その時の写真も上げていらっしゃる。
…とか書いてる内に、又変えとるがなもーwww
何と、ユン・ピョウらしき悪ガキと絡んでる賢そうなお坊ちゃま、これは貴重な写真かも。
今はユン・ピョウの方がいいおっさんで吳元俊さんの方が悪ガキっぽいけどな。
ユン・ピョウかなりちっちゃいぞ。
…と住職、目の前にいない人は思いきり呼び捨てにしている事に気が付いた。
修行が… サモハンに至っては太字ですらなかったりしてwww
何かスライド状態で、二十歳そこそこ位の写真になって来た。
(日本の俳優によく似た人いなかった???)
う~ん、かなり可愛いではないか。
アクションもあんなに出来るのに(当りめぇか)、何でこの知名度なのじゃ。

とまぁ、勿体ないので実況してみたが、御自身でウォッチン’&ヨイショなされば楽しいかと思う。
資料的価値の高さで言えば、劉皓怡さんがダントツじゃがの。
懐かしさの余り、当時のエピソードを詳しく説明して下さるからな。
それに、めっちゃくちゃいいお方でもある。
この方々をウォッチンしていると、芋蔓式に他の方々もめっかって、実に興味深いのである。
我々下々の者が昔の写真をupしているのと同じ感覚で、お宝写真をバンバン上げていらっしゃるのだから、パパラッチも商売上がったりというもんである。
※訂正内容 戚冠軍さんご夫妻のお店「衣料品関連の事業」→「ブランド衣料品の中古ショップ」

今し方、fbでシェアされていた「ちっちゃいおっさん」というアニメを見ていたらメッセージが入ったので、誰かと思えば何と、戚冠軍さん!
中国のSNSでは黙っていてもフォロー返しをして下さるので随分前から相互フォローで、簡単なやり取りはあっても個人メッセージは必要も無く、した事も無いもので、fbでのフレンドリクの際には、一方的に新年の御挨拶を入れさせて頂いたつもりだったのじゃが、はてさて、相変わらず生真面目なさんであるwww
(ホントに真面目じゃぞ)

奥様が日本語ベラベラとお聞きしているので、住職は日本語も一言添えておった。
(アナタを個別に認識していますよというメッセージは、ヨイショ的並びに礼儀的な観点からも必要だと思うの住職は)

さんは、短いながらもむつかしー新年のお祝いのお言葉を下さった後(住職、初めて見るフレーズであった)、行脚の旅に出られたらしく、ロシアの格闘家らしき男性の由美かおるっな足上げ写真に「讃」を入れられ、続いて… 何と住職の亡きワンコとのツーショットに「讃」を付けて下さったではないか!
随分、下の方にあった写真じゃぞ!
何と律儀なお方。
そのすぐ下は、住職が正月用に描いた、頭に蛇を乗せ挨拶する貧乏なお姫様の絵である… アホがバレたかも知れん。

あれから既に20分、行脚は止まっておられるのか…
はたまた、アホと関わってしもたと後悔しておられるのかは定かでない… ポクポクポクポク♪


※前に書いたかも知れぬが、さんは香港の人(広東語ネイティブ)、台湾在住でおられ、現地のテレビに出演なさる事もあるが、メインは奥方とブランド衣料品(主にバッグのもよう)の中古ショップを営んでおられる。
日本にもよくお越しで、関西が多いかと思うのじゃが、かつての映画会社を立ち上げられた頃からのファンは御存知の様に、ちょっとしかウォッチンしていない住職にも判る程に真面目で不器用な方なのじゃ。
さんのfbやSNSは健康や美容の話、説教っぽい話、笑い話など、基本的に長~いのじゃが、昔の映画や俳優仲間の写真なんかもたまに上げていなさるし、間違いなく御本人が見て下さっているので、みんなでお友達になってバンバン「讃」付けるべし!
城主とも仲良しでいらっしゃるぞぇ♪

リンクを貼るのはアレかも知れぬので、住職のフレンドリストから行っておくれやす。
住職はここで修行をしておる筈じゃ(いなかったら表紙から住職の部屋を探すよろし)


(どーせこの短い時間に誰も読んでないだろうと踏んで続きを書く住職である…)
あれから住職、返事へのお礼を書いた(自分で終わるのが礼儀のよな気がするので)。
そしたらば… プ~~~ッ、真面目なさまから、どう致しましてのお返事が!
住職も返信しない訳に行かないので、何回かやり取りするというチャット状態になったのである。
住職、新年モードの変なプロフィール写真であるし、中国のSNSにてやり取りさせて頂いている事には気付いていらっしゃらない御様子。
住職の中国語がまずくてお判りにならない部分があったのを、香港人のさまが台湾の言い回しと思われ、住職を台湾人だとお思いになり、意味を訊かれるという一幕もあった…(こんな時、孟飛城主であれば天然で勢いよくスル~なさるじゃろう)
住職が止めないと、さまも止め所が判らず永遠に続くのではと危惧された為、他のファンも沢山待っていらっしゃいますのでとキャッチ&リリース、最後の「おやすみなさいませ」は勿論、早唞(チョウタウ)と広東語でキメ!(あ~オモシロかった!)
戚冠軍さん、ありがとうございました♪
前回、御紹介した映像で潘迎紫さんが、蘋果光(リンゴライト)について説明している。
現在でも撮影やレタッチの用語として使われている言葉の様だが、女性の顔を柔らかく、ほんのり赤く照らす手法の事らしい。

以下は、御本人の語られた内容である。
80年代当時の台湾では、輸入もののリンゴは高くて、簡単には買えなかったと言う。
ヒロイン役の潘迎紫さんは照明さん達に、綺麗に見える様に照らしてねとお願いし、みんな本当に上手くやってくれたので、感謝の意を込めて大きな真っ赤なリンゴを配ったそうな。
以来、人を美しく見せる為のライトをそう呼ぶ様になった、との事である。

たまには資料っぽい事も書くじゃよ孟飛城www
少林寺マスターでお馴染みリー・フォアマンことメン・フェイの人類最古のファンサイト 香港映画の砦 孟飛 城BBS
2018-111 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 10 next 12
"K. JUNO@公主" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.
メン・フェイ映画ポスター 香港映画の砦 孟飛 城
PR

広告 忍者ブログ[PR]