忍者ブログ
◆Main Site◆
◆ MESSAGE 留言簿 ◆
◆◇ タレコミ寺 ◇◆
孟飛映画関連のネタをお持ちの方はこちらにおタレコミ下さい。
最新COMMENTS
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
管理員
HN:
K. JUNO@公主
性別:
女性
方世玉武打星、孟飛的粉絲網站留言簿。少林寺マスターでお馴染み、メン・フェイ(孟飛/リー・フォアマン)の人類最古のサイト、孟飛城の情報タレコミ、更新記録。
Feel free to leave your comments!
記事にコメントを書くには各タイトル又は記事右下の→をクリック、
タレコミ、メッセージは左から該当箇所をお選び下さい♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

孟飛城主の日本語字幕付き作品としては、劇場公開の復讐のドラゴンこと方世玉、そして大映のビデオ新 火燒紅蓮寺妖術大変化)に続き3作目になるDVDは、妖術大変化ほどの珍邦題ではないが、続・少林寺列伝とフザけている少林五祖
住職がこの作品を最初に見たのは画質の悪い英語音声・オランダ語字幕の海賊ビデオであった。
月日は流れ、何と孟飛城放置中にDVDが、しかも国内版がリリースされるなど、誰が予期したであろうか?!

住職は現在、DVDも所有しているものの、香港版に付きリージョン違いで未だ見る事が出来ていないのであるが、とあるお方のご厚意により、幻の日本版を観る事が出来た。
全編を中文で観たのも初めてなのだが、予測していたとは言え、余りの字幕のマズさにツッコミを入れるべく、新たなカテゴリを作ってみた。
他カテゴリに入れていた記事も、ここに移動するやも知れない。

流石にちゃんとリリースされているだけあって、DVDはVHSより画質が悪いもの… という昨今の住職の認識を覆す鮮明な映像なのである(少林ブラザースは結構綺麗だが)。
孟飛城は映像を提供下さったFさまに深く感謝致します… ま、字を伏せても判るだろうがの~w

住職は残念ながら劇場で復讐のドラゴンを観た世代ではないので、字幕作品を観るのは2作品目という事になるが、天下のショウブラ作品ですら、誤訳に関しては妖術大変化とどっこいどっこいという厳しい現実に、溜息を漏らさずにはいられない。
ま、翻訳に期待なんて微塵もしておらなんだがのぉ~~~ポクポクポクポク♪

まずは戚冠軍演ずる李式開が敵を甘く見て軽はずみな行動を取ったせいで返り討ちに遭い、命を落とす事になった唐炎燦の最期に翻訳家が言わせた台詞。
少林五祖(続・少林寺列伝)誤訳1

何でっかコレ?????
思わず巻き戻しましたわ。(「巻き戻し」て…)
負け惜しみ言いながら犬死にしとるないかぃ!
「得した」って…www
苦し紛れに単語を繋げて間を埋めたやろー!
アホちんが!
理解出来るまで見直さんかい。
文字起こしした原稿持ってるんちゃうん?

我們賺了。
(儲かった)
何が?
焦るな、最後まで聴こう。

我們人多,就算一個抵一個
(俺らは数が多いから、1人ずつ相手をしても)

也不虧本。
(元本を割らない)

「多い」のは「こっちの人数」でんがな。
全員相討ちでも勝てる所、今回は敵10人に対し5人の犠牲で済んだから、5人分の命が浮いて「貯金」が出来たんですよ。
ひぇ~~~っ!

この映画、この覚悟を訳さんで、他に何を訳すんでっか???
はしょる所間違えてるよ。
裏切り者と闘った盗賊のボス、敵に偽の情報を与える為にわざと捕まりに行く仲間、最後の5人の死闘、ずーーーっとコレでしょが。
何で判らんのかなーwww
原稿も映画も何も見とらんやろ。
アンタの目は節穴か、ビー玉か?(←ドリフの西遊記ね)

この映画って、英語版ですらレアだったのにね。
住職の観たヨレヨレの海賊版ですら、貴重だったのだぞ。
変な邦題じゃなくて「少林五祖」で良かったのに。
それでも売り切れたのは、「少林五祖」だと情報が流れたからでしょが。

「ショウブラの名作を一挙公開!」
…などとエラソーに名打っておきながら、何すかこのやる気の無さ!
映画の字幕がダメなのは何も中文に限った事ではないのだが、やっとの事で日本語版が出たレア作品がこれでは、ファンにも、先日他界したランランちゃんにも申し訳ないではないか。
(※ランランショウは殿方じゃがの。)

今日はこの位にしとったろ!
~続く~

取り敢えず、ロケ地巡礼コーナーが、中影文化城以外で判明している限り、ひと通り形になった…(配色やヘッダは大目に見てちょ)
何でタイトルが(旧)花山院法皇像なのかと言えば、調べている人がいるかも知れないからである…
その方はいきなり↑↑↑↑↑飛んで下さいなw

この石像は台北西國三十三所靈場にあり、現地を訪れる人には知られているのだが、調べている内、殆ど知られていないであろう事実を発見したのである。
実は、誰もが開山の祖の象と信じて疑わないこの石像が、いつの間にか入れ替わっているのだ。
台座には花山院法皇と書かれているが、石像は名無し。

本物(?)は、石像の下部にも、同じく花山院法皇の文字が掘られているのだ。
この石像の戦後間もない頃の写真が1枚だけ見付かったのだが、何と、この像は1978年の孟飛城主の蛇鶴丹心震九洲にバッチリ映っているのだ。
現地の管理団体も、これが70年代後半の時点でここにあった事も、台座が元から今と同じ場所にあった事も知らない(その内、教えてあげるかも知れないが)。
かなり濃厚かつ稀少な情報である事は間違い無い… と思われる(弱腰か)。

そして、またまた整理が大の得意な住職は、このお知らせすら、「ロケ地巡礼」に入れて良いのか、はたまた「更新記録」に入れて良いのか、判らなくなってしまっているのだ…
そして、時は季節の変わり目…
住職の部屋の状態は推して知るべし。

そんなこた~どうでも良い!
もう「台湾旅行で時間が余った~」なんて言わせないぞよ!(爆)
リストにすれば少ないけれど、濃縮還元状態なのでな~

エリア毎の Google Map にもリストから行ける様に、更にタイフィリピンのMAPも公開したのでな~~~
しかしこれ又、片付け上手の住職には、エリア分けが難しいわぃ~~~
(ついでに回れそうな場所を同エリアとしたのだが、その内、繋がるのだろうなwww)

そうそう行天宮は、ページをアップした翌日にお供え&お線香のシステムが廃止になったのじゃよ~
住職が現在使用中のヘタレノートの小画面でギリギリ見られる様に作ったのじゃが、ページが重い、クリック出来ない、などの不具合があればタレコんでたもれ♪
では、良い旅を!!!!!


ロケ地巡礼コーナーがやっと出来たのである、ひぃこら。
久々の本格的な更新作業であったが、webがいつの間にか進歩しまくっていてびっくりなのである。
まだ編集の余地はあるが、扇子王子孟飛さまのサイトながらデザイン扇子ゼロの住職には、これが限界かも知れない…(目も)

まだ真ん中の佛光山しか無いが、追々、足して行くぞよ~
(一番、大変な所から始めたので暫く撃沈じゃ)
次に大変なのは中影文化城である…
(※続々増殖中也~)

上下で数字を対応させておるので、
「わ~同じ場所だ~♪」
などと喜んで頂ければ幸いである。
住職が次に行く時の資料でもあるし、とは言っても後10年は無理な気がするので、作成作業自体が妄想とも言えるが、どんどん先に巡礼&タレコミをして貰いたいと思う。
まぁ、半分は見せびらかしでもあるw

表紙からのリンクはまだ無い。
(表紙のデザインに困っているという事情…)

昨日、ロケ地巡礼コーナーの作成作業の真っ直中であった。
未明から朝方にかけ、高雄でガス漏れが原因と思われる連続爆発があったと聞き、去年の南投の地震のニュースを聞いた時を思い出した。
それは高雄行きのついでに、今から15年前に大地震のあった集集にも泊まるつもりで、現地の写真など情報を見ていた時だった。

台灣行きはその2週間後位だったので高雄のみにしたのだが、今回は正に、その高雄の写真や地図を見て、懐かしく幸せな気分に浸っていた折だったのだ。
被害のあった地域は、実際に泊まった所よりも少し南だが、泊まるつもりで色々と調べていた時期もある。

自分が関心を寄せた土地が災害に遭う… などという自意識過剰な妄想癖は無いし、そんな事を言い出したら、台南だって、大阪だって、京都だって、初めて行く場所や施設は調べまくるのだから、周りはいちいち大変な事になっている筈だ。
しかしながら、もう少しで高雄の分だけでも公開出来そうな所まで来ていただけに、気分が沈んでしまった。

昨晩、孟飛さまは事前イベントの為、高雄に入られたそうだ。
(※イベントは中止になり現地の施設など慰問される模様)
ガスという事で予断を許さない状況かと思われるが、これ以上の災いが起きない事と、被災地域の1日も早い復興を祈るばかりである…


ロケ地ページを作成中~と言っても膨大な作業量&部屋もデスクトップもサイトも片付けるのが苦手な住職故、悪戦苦闘中…
住職は昨年、孟飛さまに教わった佛光山を訪れたのであるが、準備の時間が足りず、渡航前に充分な確認が出来ていなかった。
その為、帰国してから写真を見て、やはり違うな~という所が幾つかあった。
後に続々、判明して行くのであるが、最後に残った一箇所、悪のアジトの1つは、建物の特長などを見ると佛光山内としか思えない。
下の方の古いエリアは散々、歩き回った筈。
もしかしたら、新しいからと無視った上の方にあったのだろうか???
それとも、やっぱり別の場所???

…などと疑い始めていた昨日、久し振りにオフィシャルサイトを見ると、名前が付いているのに行っていない建物が。
写真を見ると、正にそこではないか。
最初から見れば良かった。
オフィシャルサイトの画像は小さい上に少ないので、ついつい、沢山出て来る画像検索に頼っていたのだ。
出て来なかったのも当然、そこへ通じる2つの道は、どちらも閉鎖されていたのだ。
入れないので、住職も他の一般客も見ていない、故に写真も少なくストリートビューも無い。
秘境状態という訳だ…

オーマイガー、僅か100メートルほどの距離にいながら、みすみすスルーとは…
その名も悲報にふさわしく「大悲殿」!
どこかに偶然、写っていないかと執念で探すと、念の為にと撮っていた広域写真があった。
それに近い場所からのストリートビューと、新たにwebで探し出した画像を比較すると、辛うじて屋根が写り込んでいる事が確認出来た、ひょえ~~~~~っ!

http://www.meng-fei.com/locations/fgs/dbd-bbs.png
臺灣高雄佛光山「大悲殿」とゆかいな仲間たち(実際の写真は更に広範囲)

催しの時は一般にも開放されているらしく、祭りの写真を撮っている人がいるので、いつか行ってみたい住職である… いや、タレコミ寺の住職と言えば、普段でも入れてくれるだろうか???

勿論、ロケ地と判っていて行った訳であるから、他の場所はモロに撮っておるぞよ~~~。
行き方なども含めてきっちり御紹介したいと思うのじゃが、欲張れば欲張るほど、整理が付かなくなるのじゃ、ポクポクポクポク…

さて、そんな狂気の作業の折、今更ながら発見したのだ。
城主がサル手であらせられる事を!!!!!
http://www.meng-fei.com/locations/bros/bros-saru.png

実は住職も凄いサ・ル・手なのである。
むひょひょのひょ~
(う~ん、これぞ期末テスト症候群…)


少林寺マスターでお馴染みリー・フォアマンことメン・フェイの人類最古のファンサイト 香港映画の砦 孟飛 城BBS
2019-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
"K. JUNO@公主" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.
メン・フェイ映画ポスター 香港映画の砦 孟飛 城
PR

広告 忍者ブログ[PR]